• top
  • 景観用
  • 緑肥用ひまわり(緑肥用 景観用 6000粒)~40日ひまわり~ [牧草種子 F1品種 花の種]
緑肥用ひまわり(緑肥用 景観用 6000粒)~40日ひまわり~ [牧草種子  F1品種 花の種]

緑肥用ひまわり(緑肥用 景観用 6000粒)~40日ひまわり~ [牧草種子 F1品種 花の種]

2,900(税込)

数量

【特性】
○8月中下旬播種でも10月までに開花する超極早生タイプです。

○背丈が1m位の矮生品種で、密植栽培で増収が可能です。(密植栽培の場合は3袋/10a 程度が目安)

○VA菌根菌共生作物なので、後作物もリン酸呼吸を促進して増収が期待できます。

○開花が早く、霧にも比較的強いため11月頃まで花が楽しめます。遅蒔きの場合は、草丈が低く小輪となる傾向があります。

○通常のひまわり同様、種子は嫌光性を示しますので、播種後は覆土を行うようにしましょう。1cm程度が望ましいとされます。


【栽培方法】
播種量目安:2袋 / 10a(密植栽培の場合は3袋/10a)

播種期:4月 〜 9月

すき込期:開花後1〜2週間が目安(野良化を防ぐため)

施肥量:チッ素3〜6kg・リン酸6〜8kg・カリ7〜10kg / 10a


【後作物】
とうもろこし・豆類・ネギ類・ニンジン・麦類等
※テンサイ・アブラナ科野菜、ソバはVA菌根菌共生作物で効果は小さくなります。
後作物の初期生育時に雨が多く、土壌水分が高い場所や沖積土のようにリン酸肥沃土が高い土壌では、作物が菌根菌の助けを必要としないため効果は小さくなります。